読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

血液検査の結果の見方

私事ながら病院通いが増えるとともに、採血して血液検査の

結果表を貰う回数が増えてきました。しかし、検査結果表左端の

項目は殆んどがアルファベットの記号で、これは診察する

お医者さんには、それで良いでしょうが、貰う患者さんには

チンプンカンプン。 そこで、例によってネットで説明を見つけて

自分用の表を作りました。結構、大変な作業で、自分用だけに

しておくのは勿体ないと思い、投稿することにしました。

素人なので、誤りがあったらご容赦願います。

 

検査名              正常値

 

TP(総蛋白)           6.7~8.3

    血清中のタンパク質の総量 栄養状態が悪いと下がる

ALB(アルブミン         4.1~5.2

    アルブミンは肝臓で合成される蛋白質 下がると問題

A/G(アルブミン/グロビリン比)  1.0~2.0

    肝臓に障害があるとアルブミンが低下 A/G比も下がる

    アルブミン正常値 4.0以上

T-BIL(総ビリルビン)       0.3~1.3

    赤血球の分解代謝物 赤血球の寿命は 120日

D-bil(直接ビリルビン)       0.1~0.3

    ヘモグロビンはヘムとグロビンに分解 グロビン→アミノ酸

    ヘム→間接ビリルビン→肝臓で直接ビリルビンに→胆汁→

    肝臓→十二指腸→便 (間接ビリルビンでは排泄しない)

AST (旧GOT)           13~37

    ASTとALTはアミノ酸を作る酵素 肝臓に多く含まれ

    心臓や骨格筋にも含まれる

ALT(旧GPT)            8~45

    肝臓がダメージを受けると数値が高くなる

    肝炎や脂肪肝肝細胞癌の手がかり

ALP(アルカリフォスターゼ)   118~335

    肝臓・骨・腸・腎臓など多くの臓器に含まれている

    酵素肝細胞癌や胆道系の病気で上昇する

LDH(乳酸脱水素酵素)       122~228

    肝臓、心臓、腎臓などで作られる

    糖質をエネルギーに変える

γGTH(ガンマ・グルタミルトランスペプチターゼ)  12~49

    アルコールに強く反応する酵素

    アルコール性肝障害を調べる指標(上がる)

CPK(クレアチニンフォスキナーゼ)  61~265

    心臓、骨格筋、平滑筋などの筋肉中の酵素

HDL-CHO(コレステロール)     40~70

    血管に付着したコレステロールを取って

    動脈硬化を予防する善玉コレステロール

    低いと心筋梗塞脳梗塞のリスクが高い

LDL-CHO(コレステロ-ル)     63~139

    HDLコレステロールとは逆にコレステロール

    取り込む悪玉コレステロール 動脈硬化の怖れ

TG(中性脂肪)           33~149

    脂肪の一種でエネルギーにならない残りが皮下脂肪

    内蔵脂肪になり動脈硬化脂肪肝の怖れ

BUN(尿素窒素)          7.8~18.9

    尿素に含まれる窒素量 腎臓が悪くなると

    血中の尿素が増える

CRE(クレアチニン)         0.61~1.11

    筋肉で生成される  腎臓が悪くなると

    尿に排出せず血中濃度が上がる

UA(尿酸)             3.0~7.0

    身体の細胞内の新陳代謝で発生する燃えカス

    増えると痛風、結石、合併症の怖れ

Na(ナトリウム)          138~146

    水分調節  脱水症で上り腎不全の怖れ

    甲状腺機能低下で下がる

K(カリウム)             3.6~5.1

    神経・筋肉の働き 低いと神経麻痺 高いと不整脈

Cl(塩素クロール)          98~108

    水分調節  脱水で上り、吐き気・下痢で下がる

Ca(カルシウム)           8.7~10.3

    神経の伝達、血液凝固 高いと腫瘍、低いと甲状腺異常

IP(無機リン)            2.9~4.9

    内分泌疾患、骨代謝異常

CRP(C-反応性蛋白)         0~0.30

    感染症・炎症で高くなる

BNP(心機能)            0~19.5

    心臓から分泌されるホルモン 心機能低下の早期発見

    40-100 要観察  100以上 要注意

GFR-男性(腎臓糸球体ろ過量)    100

    90以下は腎臓病の疑い

GLU(グルコース)          70~110

    糖尿病で高くなる

HbA1c(NGSP)           4.6~6.2

    3ヶ月の平均値 旧JDS 5.8%以下 

    新NGSP 6.2%以下 

WBC(白血球)            30~97

    骨髄で1日1億個作られる 細菌を殺菌

RBC赤血球)            376~561

    低いと貧血の疑い

Hb(血色素ーヘモグロビン)                       11.6~18.0

    肺で酸素と結合、血液がその酸素を全身に運ぶ

    少なければ貧血 鉄分が不足すると減少する

Ht(ヘマトクリット)         35.7~51.5

    血液中の赤血球容積率 貧血の有無が分る

PLT(血小板)            12.4~30.5

    血栓を形成して出血を止める 

    多いと脳梗塞心筋梗塞の怖れ

    

  

    

 

 

 

 

光源氏が愛した女性ランキング

源氏物語の現代語訳を昨年初めて読んだ。 あまりにも長くて

光源氏が出家して世を去るところまでしか読めなかった。

その後、更に、光源氏の後継者の話が続くのだがやめた。

いつか、読みたくなったら読めば良いと考えている。

 

二月十八日付で俵万智先生の「恋する伊勢物語」を読んで

感激したと書いた。そのとき、故渡辺淳一氏のエッセイに

「源氏に愛された女たち」という本があることを思い出した。

源氏物語には大勢の女性が登場するが、藤壺、葵の上、紫の上、

六条御息所、明石の君くらいしか記憶に残らなかったので、

購入して読んでみた。 流石、渡辺先生だけに、実に分かり易く、

源氏物語および紫式部への理解が深まった。

 

記憶が薄れることが心配なので、光源氏が愛した女性たちに

源氏の愛情の強さ・深さで勝手にランキングをつけてみた。

 

下記11名の女性たちにつき、上位は1位 藤壺、2位 紫の上、

そして、下位は10位 葵の上、11位 六条御息所としたい。

間の3~4~5位は明石の君、朧月夜、夕顔を入れたいが、

順位は決められない。ほかの女性たちは6位から9位の間に

入れたいが、ここも順位はつけにくい。 大体、ランキングを

つける意味など無いのではないかと反省。

 

よって、ただ単に本の中で登場した順番に各人の簡単な

紹介を付けて置くだけにする。

 

藤壺・・・先帝の第四皇女で、父、桐壷帝の皇后

      母、桐壷にとても良く似ていた

葵の上・・・左大臣の娘、母は天皇の姫君、源氏の正妻

       男子、夕霧を産んだ直後、六条御息所

       呪いで死亡

空蝉・・・左大臣の家臣、受領の妻 源氏に一度だけ許す

夕顔・・・頭の中将の娘、玉鬘(たまかずら)を産む

      優しく、おっとりしていて、従順

      19才で六条御息所の呪いで死亡

紫の上・・・藤壺の姪 実質的には源氏の正妻

       出家するが43才で死亡

       源氏は失望・落胆

朧月夜・・・右大臣の六女 朱雀帝が寵愛

       源氏と相思相愛

       源氏の須磨・明石落ちの原因

六条御息所・・・皇太子妃となったが、死別

         娘、秋好中宮

明石の君・・・受領の娘、源氏の娘を出産

        この姫は後に帝の生母となる

玉鬘(かずら)・・・頭の中将と夕顔の娘

           源氏の求愛に応じない

           髭黒大将に奪われ、結婚

三の宮・・・朱雀院の第三皇女、藤壺の姪、紫の上の

       いとこ、帝が源氏の正妻にする

       頭の中将の息子と不義、出家する

朝顔の君・・・桐壷帝の姪、斎宮になるが、帝が亡くなり

        都にもどる 源氏の求愛を拒否     (完)

 

    

   

 

 

 

さらばロッキー山脈のやまなみ Part III

詳しい事情は聞かなかったが、以前夫婦喧嘩から暴力沙汰になり

警官を呼んで夫を留置場にぶち込んだことがあったとのこと。

そんな話を聞いたから、夫の働いているクラブに顔を出してみた。

すると、彼は彼女のことを、韓国では誰とでも20ドルで寝る女だったと

酷評していた。 また、彼はまわりの女からも男からも言い寄られて

いると自慢をしていた。

 

それからは、彼女とさらに親しくなり、彼女もなつき、私を親友

夫婦の家に一緒に連れて行ってくれたりした。 その親友も同国人

で米兵と結婚、一戸建て住宅に住み、幼子二人と一家四人で楽しそう

であった。私一人でその家に遊びに行ったことがあったが、話が例の

彼女のことになり、彼女が夫に惚れたのは彼のテクニックが良かった

からだと本人が言っていたと教えてくれた。

 

いよいよ、彼女は新居に引っ越し、私はお祝いとして、最初の家賃を

払ってあげた。 さらに、家具がほとんど無いので、家具屋に連れて

行って、最低限度の家具をローンで購入、これも初回分を払ってあげた。

彼女はウオーターベッドを持っており、バスルームの蛇口にホースを

取り付け、注水するのを手伝ってと云われて、大きい浮袋のような

ベッドを抑えてやった。 それからは、夫婦気取りで彼女の部屋で

過ごす時間を楽しんだ。 

 

あるとき、弁護士に会うので一緒に行ってと言われ、私の車で連れて

行った。 彼はコロラド大学出身で、彼女が働いているレストランが

リッカ―・ライセンスを取る時に世話になったとかで、彼女の多分、

離婚の相談に乗っていたのだと思う。 彼は私と同年位で妻と別居中

とかだった。 彼女は彼の家に連れて行って貰ったが立派な家だったと

言っていた。 なお、リッカ―・ライセンスというのは、レストランや

クラブが酒を売るのには欠かせない許可で、発行済みの数以上には発行

されず、不要になった店のものを買わねばならず、専門の弁護士に頼む

必要があるとのことだった。

 

その後、店に顔を出したとき、その弁護士が入口に近いところでポツンと

飲んでいるのを見かけたが、彼女は彼のテーブルには近づかず、妙な感じ

がした。

 

とにかく、この彼女は平然と男どもの相手をしていて、まったく動揺も

隙も見せない感じで、こちらもある線から先には進めず、ダンスはするが

手も握らず、ましてキスなどする気にもならない、という、このような

付き合い方をしたのは初めてだった。

 

かくして、コロラドの名前の通り、つまり、スペイン語コロラド

「黄金色の」だが、私の短かく空しい、しかし、胸苦しい思い出を

腹の底に抑え込んで、ロッキー山脈を後にしたという結末であった。(了) 

さらばロッキー山脈のやまなみ Part II

彼女は25才、面長、中肉中背、ほっそりしていて、美人では

ないが、私好みだった。 夫とは彼が韓国駐留時に知り合い、

アメリカについて来たとのこと。 細かい話しはしなかったが、

結婚して永住権は取れたのだろう。

 

私が商社マンで家族を日本に置いて単身赴任だと説明したから、

良い話し相手になってくれた。

 

水割りを作ってくれたり、踊ってくれたり、親しくはなったが

夫がいると分かっているから、口説くわけにもいかず、おとなしく

帰宅していた。

 

この韓国Bar & Restaurantは親夫婦と若い子供夫婦が経営しており、

料理は韓国風というより家庭料理的ですっかり気に入ってしまい、

頻繁に夕食を食べに行くようになった。

 

お客は地元のアメリカ人たちで、彼等はほとんど自分達だけで

テーブルを囲んで飲んだり食べたり、たまに店の女の子と踊っていた。

しかし、店の女の子は本来メイドが主な役割であり、彼等のテーブルに

長く座っていることは無かった。

 

ところが、問題の彼女は私が行くと、私のテーブルに付きっぱなしで、

他のテーブルに顔を出しても、必ず私のテーブルに戻って来るのである。

彼女にもグラスを持って来させて、一緒に飲んでいるわけだが、ほかの

テーブルに行くときは、日本のクラブと同じでグラスにコースターを

かぶせていき、毎回私のテーブルに帰って来るが、ほかの客から苦情が

くるわけでもなく、私が彼女を独占した形であった。 後で分かって

きたが、これは私がビルに書き足すチップとは別に彼女に現金で

チップをこっそり渡していたのが原因であった。

 

可成り親しくなったころ、彼女たち夫婦のアパートの部屋を彼女が

見せてくれた。 オーデイオ一式があり、彼女が自分の稼ぎで夫に

買ってやったものだとのことだった。 どうも、夫は軍からリストラ

されて、DJくらいしか出来ず、大した収入が無いようであった。 

こちらは知り合いがおらず、夫婦二人を日本レストランに招待して

和食をおごったりした。

 

そのうち、彼女から、夫と別居して、彼女だけ別のアパートに引っ越す

という話を聞かされたのである。 (つづく)

 

 

さらばロッキー山脈のやまなみ Part I

2月17日付で「コロラドの記憶」という一文を投稿しました。

今回はその続編のようなものです。

 

半年間という短期間の駐在から日本へ帰る際、引継ぎ者無しで帰国

するため、社用車の引き取り先を探した。 サンフランシスコ支店、

ロスアンジェルス支店、ヒューストン支店と問い合わせたが、

間に合ってると云われ、ニューヨーク本社に相談したら、ようやく

機械部の現地人マネージャーの社用車が古くなっているから送れと

言われたが、ドライブ好きだし、途中の風景を楽しめるので、自分で

転がして行くことにした。

 

たった半年の滞在ながら、それなりの思い出があり、バックミラーに

映るロッキー山脈の山並みを見ていると目頭が熱くなった。

 

最初の休憩をとるために立ち寄ったサービス・エリアから彼女に

電話した。 気丈な彼女の受け答えには「悲しさ」とか「淋しさ」

とかが窺がえる様子は無かった。 逆に、こちらから「Say you miss

me」とねだって、ようやく「I miss you」と言わせた。

 

デンバー事務所、兼、住居は街の中心にある高級マンションビルにあり、

単身赴任用に秋葉原で電気製品を購入して持参したので、最初は自炊

していたが、夜食後、車で出かけ、お酒を飲める店を物色していたら、

Drink & Danceというネオンを見つけて入ってみた。

 

テーブルに案内されて飲んでいるとDJが休憩とみえて、Are you enjoying?

と声をかけてきた。 そこで、Do you have a drink?  と、一杯おごって

話をした。 彼は地元デンバーの軍のキャンプで看護兵をしていたらしい。

話がはずんでいたら、奥さんが韓国Bar & Restaurantでホステスとして

働いているから、贔屓にしてやってくれと頼まれた。 そこで、そのあと、

その店に行って彼女に初めて会った。 (つづく)

 

 

 

英語って何語?

英語を習い始めたのは第二次世界大戦(太平洋戦争)終戦後、

つまり、1945年(昭和20年)ごろ、中学に入学して

からである。

 

英語で苦労したのはその語彙(ボキャブラリー)の多さである。

理由はヨーロッパ大陸、特にフランス語の流入による言語の

混血の結果と聞いていた。

 

勉学時代から実務時代と英語との付き合いは長かったが、夢は

日本文化(大きく出過ぎたか?)の英語訳である。

 

そこで、一寸、面白いので「素晴らしい」に対する英単語を

カシオ電子辞書で引いてみると、次の通り:

 

splendid, grand, excellent, brilliant, superb, wonderful, terrific,

amazing, fabulous, magnificent, marvelous, super, fantastic,

swell, smashing, stunning, outrageous, cool, great,

 

この後は使用例つき:

glorius(上天気)、phenomenal(米作などが豊作の意味で)、

dazzling(成功の意味で)、spectacular(すばらしい進歩)

 

更に、「素晴らしく」となると:

immensely, considerably, remarkably, exceedingly

 

形容詞は後に来る名詞に対し適切な言葉がある筈であるが、

正確に使い分けるのはネイティブの英米人だって大変だろう。

まして、外国人には無理な話で電子翻訳に頼るしかないかも。

 

ついでだから、何で英語がこれ程煩雑な言語になったのか

WIKIPEDIAで調べてみた結果、大体下記の通り:

 

1世紀からローマ人がブリテン島に駐留してケルト系の

住民(ブリトン人)を支配していた頃にはケルト語と

ラテン語が使われていた。

 

ローマ人が本国に引揚げ、5~6世紀からゲルマン系

(ジュート、アングル、サクソン人)が大陸から渡来して

支配し、ゲルマン系言語が割り込んだ。

 

11世紀になり、フランスから来た貴族階級が使っていた

言語、簡単にいうとフランス語からの借用語が増えた。

 

つまり、英語というのは、ケルト、ラテン、ゲルマン、

フランス語などの混血から、多くの表現が混在する

結果になったということである。

 

日本語も中国大陸や欧州からの流入語が混じって

語数が多く、外人さんは苦労しているが、それを

考えると、日本人はもっと英語での発信を増やして

行くべきなんだろうなと考えている。

 

 

 

 

 

伊勢物語~在原業平

2017-01-09に「都鳥とユリカモメ」という短文を載せました。

 

きっかけは新海誠さんの「君の名は」という小説でした。

「君の名は」の着想の原点が「小野小町」の和歌にあると知り、

調べたら「小野小町」は「在原業平」と親しく和歌のやりとりを

していることが分かりました。 すると、今度は「在原業平

のことを知りたくなり、調べていると、どうやら「伊勢物語」の

主人公が「在原業平」らしいではありませんか。

 

源氏物語」は知っていますが、「伊勢物語」「在原業平」は

全く知らないので、図書館で探したら俵万智さんの「恋する

伊勢物語」があり、早速借りだして読み出したら、これが

面白くて急いで文庫本を購入しました。

 

高校時代、古文といえば「徒然草」と「枕草子」しか触った

記憶が無く、実は「源氏物語」も途中までしか知らず、つい

最近光源氏が亡くなるところまで読んだばかり。

 

光源氏」は紫式部の創作なのに対し(モデルは「藤原道長

らしいのですが)、「業平」は実在の人物で「光源氏」同様

天皇の血筋でありながら、臣下に下されたのが共通点。

違うのは、「光源氏」は容色、才能、学問のすべてに完全

無欠に描かれていますが、「業平」は容色、和歌には秀でて

いたが、学問は今ひとつで、「在五中将」と呼ばれていた。

 

伊勢物語」は125段の恋愛全集であり、俵万智先生の

「恋する・・・」というタイトルの通り、盛り沢山の

実に楽しい「恋」のお話しを読ませて頂きました。

 

こんな面白い古典があったことを知らないでいたのは、

自分の怠慢か、国語の先生のせいか、など、つまらない

感想を持ちましたが、生きていて良かったと、幸運の

女神に又もや感謝です。(実は、小生には何人も幸運の

女神がついているようなのです。)