読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の華(2)

 三番目は情熱の国スペインのマドリッドで逢ったフランスの女性。 彼女のスペイン語が流暢なので、スペイン人と思ってたら、フランス北部の村から、列車で出稼ぎに来ていて、月曜日に来て、金曜日に帰るとのこと。 22才で、女の子の赤ん坊が二人いるが、母親に預けて来ているのだと。 夫とは離婚した。

 会ったのは、支店長の案内で行った小さな薄暗いバー。 お雛様の雛壇のように、3~4段の段々に女の子が座っていて、上からお客を見下ろしている。 客はアルコールを飲みながら、煙草を吸いながら、下から見上げて、女の子の品定めをしている。 気に入った子が居れば、合図をして一緒に外へ出て行く。 

 上に説明したフランス女性は、日本から来た社員に大好評だからと、勧められて、ホテルへ向かってブラブラ歩きながら、身の上話を聞いた。 私の第二外国語スペイン語だったのが役に立った。

 身体がマシュマロのように柔らかく、身体のどこを触っても、すぐ骨に届いてしまい男の心を溶かしてしまう。 離れ難くて、時間を延長してもらった。 彼女はたっぷり稼げて、ご機嫌で鼻歌を歌いながら、バーに戻っていった。

 四番目はドイツのハンブルグという、恐らく欧州、あるいは、世界一の夜の歓楽街。

新宿の歌舞伎町など田舎っぽいと感じさせるような、ドッキリさせられた街でのこと。

最初は、大劇場に入り、そこは客席から舞台を見下ろす、普通の劇場スタイル。

ただ、客席といっても、膝の前にミニテーブルがあり、酒、たばこ、つまみを楽しみながら、ショーを観るのである。 出し物はズバリ、アダルト・ビデオの生のショーである。 ただ、距離が遠く、迫力はいまひとつだった。 ベッドが2組置いてあり、2組の男女がベッドの上で、本気のプレーをやって見せる。 最後はチャンと腹の上に出して見せる。 ただ、何故か、ほかに2組の男女が舞台の上に居り、何のためなのか分からなかったが、今になって、前の組がうまくいかない場合に備えていたのではないかと

思い至った。 なにせ、ドイツ人のやることだから、「完璧」でなければならない。

 前座が長くなったが、これからが本番である。 舗道を歩いていて、つと、扉を開けて中に入る。 中は駐車場のような感じだが、弱い蛍光燈のみで薄暗い。 天井は或る程度の高さがあった。 少し、中に進むと、若くてスラリとした、白人女性が一糸纏わず、ハイヒールだけ履いて近寄って来る。 周りを見回す余裕は無く、適当に選んで2階に連れて行かれる。 個室に入って、条件の交渉である。 50マルクでは見るだけで、100マルクだと身体に触らせるという。 100マルクでも全く高くないし、交渉成立。 色が白いのは当然として、やはり、肌のなめらかさは素晴らしかった。

 小説の世界では、全裸の仮面舞踏会とかスワッピング・パーティーとかが出て来るが

現実にただの観光客に手軽に興奮と満足を与えるのは、流石に官能先進国と感心した。

                                  (つづく)