読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらばロッキー山脈のやまなみ Part II

彼女は25才、面長、中肉中背、ほっそりしていて、美人では

ないが、私好みだった。 夫とは彼が韓国駐留時に知り合い、

アメリカについて来たとのこと。 細かい話しはしなかったが、

結婚して永住権は取れたのだろう。

 

私が商社マンで家族を日本に置いて単身赴任だと説明したから、

良い話し相手になってくれた。

 

水割りを作ってくれたり、踊ってくれたり、親しくはなったが

夫がいると分かっているから、口説くわけにもいかず、おとなしく

帰宅していた。

 

この韓国Bar & Restaurantは親夫婦と若い子供夫婦が経営しており、

料理は韓国風というより家庭料理的ですっかり気に入ってしまい、

頻繁に夕食を食べに行くようになった。

 

お客は地元のアメリカ人たちで、彼等はほとんど自分達だけで

テーブルを囲んで飲んだり食べたり、たまに店の女の子と踊っていた。

しかし、店の女の子は本来メイドが主な役割であり、彼等のテーブルに

長く座っていることは無かった。

 

ところが、問題の彼女は私が行くと、私のテーブルに付きっぱなしで、

他のテーブルに顔を出しても、必ず私のテーブルに戻って来るのである。

彼女にもグラスを持って来させて、一緒に飲んでいるわけだが、ほかの

テーブルに行くときは、日本のクラブと同じでグラスにコースターを

かぶせていき、毎回私のテーブルに帰って来るが、ほかの客から苦情が

くるわけでもなく、私が彼女を独占した形であった。 後で分かって

きたが、これは私がビルに書き足すチップとは別に彼女に現金で

チップをこっそり渡していたのが原因であった。

 

可成り親しくなったころ、彼女たち夫婦のアパートの部屋を彼女が

見せてくれた。 オーデイオ一式があり、彼女が自分の稼ぎで夫に

買ってやったものだとのことだった。 どうも、夫は軍からリストラ

されて、DJくらいしか出来ず、大した収入が無いようであった。 

こちらは知り合いがおらず、夫婦二人を日本レストランに招待して

和食をおごったりした。

 

そのうち、彼女から、夫と別居して、彼女だけ別のアパートに引っ越す

という話を聞かされたのである。 (つづく)