読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NY貿易センタービルの追想

 2001年9月11日、米国東部同時多発テロ事件で崩壊したニューヨーク

世界貿易センタービル一号館、二号館。

ワールド・トレード・センター、ツイン・タワー、WTCなどと呼ばれた。

f:id:TedO:20170331223124j:plain

f:id:TedO:20170331223149p:plain

死者は3千人と云われていたが、早くも16年以上の時が過ぎた。

イスラム系のテロのニュースを見聞きするたびに、大型旅客機が

一号館、二号館と相次いで突っ込んだテレビの映像が蘇る。

f:id:TedO:20170331223234j:plain

 

 完成は1973年で設計は日系米国人ミノル・ヤマサキ氏。

最上階は110階で高さ411メーター。筆者が働いていた会社は

48階ワンフロアを全部使っていた。

 

 特徴は二棟とも63.4mx63.4mの正四角柱構造で、中心に

エレベーター、厨房、トイレを集中、そのまわりに柱を

集め、チューブ状の造りとし、まわりは柱の無い広い床面積を

確保した。

 

 風の影響が問題だが、全体の構造は鳥かごの外にもう一つ

大きな鳥かごを作ったようだと云われ、55階付近で揺れを

吸収し、そこから上の階ではまったく揺れが無かった。

筆者は48階だから、流しとかトイレにいると、ヒューヒューと

いう音と揺れが大きいので、いささか気持ちが悪かった。

 

 世界全体から見ても大きな財産と人命を失ったことを

忘れないのが、残された私たちに出来る唯一の事だと思う。

(写真はネットのWikipediaから)