読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当ですか? 第六話

 昔、むかし、ゴルフに狂った男がおりました。

 

 彼がゴルフを始めたのは30才直前と遅く、初めて米国に転勤した

ときです。現地会社の社長がゴルフ好きで、ゴルフを奨励していました。

 

 軟式野球や卓球をやっていたから、地面に止まっているボールを

打つのは雑作もないことと舐めて掛かったら、とんでもない、ボールの

頭をかすめてゴロになるか、調整して、少し後ろに打ち込むと、手前の

地面を叩いてからボールにあたり、やはり、ゴロにしかならず、なかなか

空に向かっては飛んでくれません。

 

 然し、上司や先輩に上手な男が多く、見よう見まねで何とかコースに

出られるようになります。

 

 何故、みんな上達が早いのか。理由はありました。米国駐在では他に

エネルギーを使うことが少ない。日本だと夜の付き合いが多い。職場と

住宅が離れており、週末は疲れを癒すのが精いっぱい。練習場は少なく、

費用が高い。 パブリックコースが少なく、コースでプレーするには

メンバーコースの高額な会員権を持たなければならない。

 

 それに対し、米国では練習場が多く、貸ボールの値段が安い。パブリック

コースが多く、プレー代が安い。住んでいる地域からコースまでの距離が近い。

交通費も日本だと電車かハイヤーだが、米国ではマイカーの乗り合いと

はるかに恵まれている。

 

 ゴルフは先ず1打目で狙った方向にナイスショットをしなければいけない。

うまく打てた時の快感は大変なもので、だから、練習場に行くのも楽しい。

 

 しかし、ある程度慣れたころ、先輩から「お前はゴルフに向いてない」と

云われてしまいます。ところが、彼も自分の筋肉が異常に堅いことを知って

いたので、「そうでしょうね」と素直に認めます。彼は高校生くらいになった

ころ、正座がし難くなりました。野球でも卓球でも自分が思った通りに身体が

動かないことも何となく気が付いていました。にも拘わらず、彼はゴルフに

のめり込みます。

 

 ゴルフは雪が降ると出来ません。ボールをマジックで色を塗ってプレーした

という話はありましたが、途中で止めないで、最後までプレーするための

思い付きだったのでしょう。でも、雪に埋まってはロストボールになるから、

やれる筈がありません。そこで、12月から3月の間はゴルフは出来ません。

 

 余談になりますが、冬場はボーリングに変わります。彼はボーリングにも

夢中になり、大会で優勝したり、6連続ストライクを出したり、ハイスコアも

210くらいが数回出ました。 賭けてやっていて、相手が負けを認めず、

徹夜になったこともあったほどです。

 

 社内のゴルフ熱を示す話が二つありました。一つは、ニューヨークで

1ラウンド18ホールで2回ホールインワンを出した先輩社員がおり、

ニューヨークタイムズで紹介されたそうです。もう一つは、東京本社の

専務で名門「霞が関」のメンバーの方が77才で「エイジシューター」

つまり、18ホールを77でまわったという話がありました。

 

 彼は、ゴルフに向いていないことは理解していましたが、ニューヨーク

というゴルフのプレーに最適の地に、延べ10年も住んだお蔭で、スコア

だけは、80前後が出るようになります。

 

 彼は、仕事を辞めてゴルフに専念出来たら良いなあ、と夢みたいことを

考えていました。何と、それが、実現出来てしまいました。会社を辞めて

朝は1時間ほど原っぱでアプローチの練習、散歩、その後、温泉で体をほぐし、

ドライビングレンジに行って打ちっぱなし。週に2回はコースに出ました。

住んだところが伊豆函南だから、沼津、御殿場、伊豆半島とまわりには

ゴルフコースだらけ。自分のコース、知人のコースと、二日連ちゃんもあり。

 

 ホールインワン、アルバトロス、エイジ・シューティングなど夢だけは

大きく6年間くらい、ゴルフ三昧の生活。 然し、やはり、無理がたたり、

スコアは下り坂。 そして、燃え尽きた。