読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさか、嘘でしょう? 第十話  

「事実は小説より奇なり」ですが、この話は殆どが事実です。

昔、ある30台後半の男が商売半分、観光半分で山陰地方に旅を

したときのことです。 山陰は鳥取砂丘伯耆富士と云われる

大山、米子温泉、宍道湖のある松江、日本一長い露天風呂のある

玉造温泉、縁結びの神様、大国主のみことを祀った出雲大社

スサノオノミコトクシナダヒメとやまたのおろちの伝説、

「怪談」のラフカデイオハーン(小泉八雲)が住んだ家、

更に、松葉ガニという珍味、等々、観光資源が溢れています。

ここで、一寸ネットから拝借した写真を入れましょうか。

上が伯耆富士の大山、下がやまたのおろち退治伝説。

f:id:TedO:20170422215835j:plain

f:id:TedO:20170422220021j:plain

このような神話、伝説の地だからか、奇妙なことが起きたのです。

彼は泊まった海辺のホテルの最上階のレストランで朝食を摂って

いました。偶々、他に客はおらず、若いメードさんも手持無沙汰の

ようで、彼が「この土地の人?」と訊くと「いいえ、隠岐の島出身

です。」という返事。それから、少し、話が弾んで、彼女の方から

「夜はどうされるのですか?」と聞かれ「何も無いけど」と答えると

「カラオケとか案内しましょうか?」と云うので「それは有難い」と

デートの約束が出来てしまいました。

その夜、彼女の案内でカラオケのあるバーに行きます。お互い次の

日の仕事があり、適当に引揚げ、タクシーで彼女のアパートに送ろうと

外で空車を待ちます。ところが、彼女「もっと一緒に居たい」と云い、

はたと気が付きます。 タクシーの運転手に「どこか静かなところへ」

というと慣れたもので、何も聞かずに、とあるモーテルに行きます。

次の日は仕事ではなく、大山でゴルフの約束があると云ったら、彼女は

「車で送り迎えします」と云い、本当に送迎してくれて、夜は、また、

モーテル行きです。次の日は東京に飛行機で帰ります。

ところが、彼女から会社に電話が入ります。話しの内容は何という

ことは無く「声が聴きたいの」というだけ。三度目くらいには

「そんなに長距離をかけたら金がかかって大変だろう」と云うと

「お給料全部電話代に使ってもいいの」と云われ、さすがに、

彼も燃え上がってしまい、「夕方の便で飛んで、空港に着いたら

電話する」と返事をします。

然し、仕事が片付かず、飛行機の時間に間に合わず、新幹線の最終便で

岡山に行くことにして、駅のホームでの待ち合わせに変更と連絡します。

岡山駅前の旅館に一泊、次の日は京都に行き、京都に一泊、次の朝、

西と東に別れます。

年の差14、5才の乙女からの夢の様な恋慕。 

これこそ「神ってる」としか言いようがないでしょう。