読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へー、ほんと? 第十一話

 ニューヨークのマンハッタン、多分ダウンタウン

夕食後、レストランから出たところで、まだホテルに帰るには

早すぎる。何処か面白い所はないかと、日本から着いたお客に

聞かれたが、ニューヨークに転勤したばかりの彼には心当たりが無い。 

そこで、思いついたのが、タクシーの運転手は商売柄情報を持って

いるだろうと、タクシーに乗って頼んでみることにした。

これが大当たりで、さすが、ニューヨークとお客に喜ばれた

のである。

 

 夜で周りは分からないが大きな建物の入口はブロードウェイの

劇場みたいな感じ。 中に入ると、正に、映画館のように、ロビーから

ドアーを開けて、内側に入ると中央に丸いステージがあり、それを囲んで

テーブルと椅子が置いてある。 飲み物を貰って、煙草を吸いながら

ショーを観る。 パリのムーランルージュに行ったことは無いが、

映画で観たショーに似ていて、白人女性が足をあげて踊っていた。

 

 ショーが終わったとき、ウェイターに、「踊り子を一人テーブルに

呼んで、飲み物をご馳走したいがどうかな」と訊いたら、「OK」と

連れて来た。彼女と話したが、何も気が付かなかった。すると、

彼女の方から、「気が付かない? 私たちは男なんですよ」と

云われ、「えー、ほんと?」と云ってしまった。ところが、彼女、

いや、彼は、さらに、「黒い衣装のウェイターはみんな女の子

なんだよ」と教えてくれ、慌てて見まわすと、確かに、みんな

宝塚の男装麗人のような、整った顔立ちで美男子、いや、美女

揃いなのである。

 

 驚いたが、ニューヨークらしいと、話のタネになると、お客は

大喜び。 面目を施した。

 

 ところが、場所も名前も分からず、他の客に見せようと思い、

電話帳で探したが見つからず、人に聞くにも手がかりが何も無く、

今となっては、彼の記憶の中にしか存在しないのである。

パリのムーランルージュの写真でも見て下さい。(出典はネット)

f:id:TedO:20170424005446j:plain