読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさかー! 本当? 第十五話

 50年位前のことですが、ある男の身の上話です。父親は40才位から病弱で、結局胃癌で63才でこの世を去ります。息子はその時海外にいて、父親の死に目には会えませんでした。然し、余命半年と医者から云われたというので、国際電話で話し合いをしたが、父親は帰国する必要は無い、仕事をしっかりしなさいと、云ってくれたそうです。然し、会社は彼が一人っ子であることを考慮して、5年駐在の予定で送り出したのを、2年に切り替えてくれました。もともと、新しい部長役を送り込み、前の部長を日本に返す間のつなぎ役だったので、その目的は果たせていたのです。

 

 彼には母親と妻子が日本に待っていました。ところが、父親の死後間もなく、今度は母親が倒れます。幸い、彼は丁度帰国準備中で、急いで帰国し、空港から病院に直行します。然し、母親は苦痛を抑えるために、全身麻酔をかけられており、話はできません。母親の女姉妹たちが病室に付き添っており、彼に一旦自宅に帰って少し寝て来なさい、と云ってくれます。

 

 若夫婦は喜んで自宅に行き、布団で横になります。2年間の別居生活のあとですから、燃え上がったことはもちろんです。その結果、10か月後次男が生まれ、人は死んだ祖母の生まれ変わりだと云い、祖母の早すぎる死を悼むことになります。

 

 次の日の朝、病院に行くと、母親は息を引き取るところでした。みんなは父親があの世に連れて行った、仲の良い夫婦だと噂します。母親は54才、まだ、父親の死から「百か日」すら、済んでいません。母親は長年、夫の看病で自由が無く、年も若いので、これから、姉妹や近所の知人と温泉旅行などを楽しみにしていました。

 

 実は、両親は彼の実の親ではなく、子供が出来ないので、父親の妹夫婦の三男を養子にしたのです。彼は大学入学で戸籍謄本を取り寄せ、初めて事実を知りますが、本当の親子みたいに育てられたので、むしろ、親戚中がその事実を隠し、彼には知らせないようにしていたことのほうが驚きだったそうです。

 

 父親は若い時の不摂生や苦労がもとで、40台で半病人となり、あとは母親が頑張ってくれたのに、人生の途中で命を落とし、どんな思いで逝ったのか、彼は考えるたびに、実の母親のように、あわれを感じるそうです。

f:id:TedO:20170426133844j:plain