読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うそ―! まさか! 第十六話

 熱烈な純愛物語です。 ある男から耳にした昔の話ですが、彼の知り合いの

中年の教師が突然死しました。 告別式から火葬場に行き、棺桶の蓋を開けて

参列者全員が生花を遺体の上に置きます。 そのあと、棺桶は蓋を閉めて

焼却炉の中に進められる筈でした。 ところが、棺桶の脇に居た中年の女性が

棺桶の上に登ろうとしがみつきます。 あわてて、周りの人たちが彼女を抱き

かかえて下そうとしました。 すると、彼女は「私も一緒に焼いて!!」

と繰り返し叫ぶのでした。

f:id:TedO:20170427053814j:plain

実は、亡くなった教師とこの女性は恋愛関係にあったのだそうです。

彼女は生徒の母親だったのです。

 

 まるで、100年まえの島村抱月松井須磨子の熱愛みたいです。

松井須磨子は抱月の死後2か月後、後追い自殺を遂げたという、ドラマを

地で行く最後でした。 彼女は33才の若さでした。

 

 その母親がその後どうなったか、誰も語らなかったようです。

 

 故渡辺淳一氏が聞いたらどんな物語に昇華してくれただろうか。