読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うそー! ほんと? 第十七話

f:id:TedO:20170427211520j:plain

 昔、ある男が米国から一時帰国し、赤坂のホテルに宿泊

していました。夕食後一人で夜の街に飲みにでかけます。 

小さなバーの扉を開けて中に入り、カウンターに座ります。 

カウンターのなかの女の子が話相手になってくれます。 

彼女は彼氏がイランに行ってしまい、某外国語スクールで

ペルシア語を習って、彼の後を追いかけるつもりと云います。 

彼が米国からの一時帰国者で直ぐに米国に帰るのを知って、

一時の気まぐれでしょうが、店が終わったらお付き合い

しますよと云う。11時にバーを出て、踊れるレストランに

行きましょうと、引っ張っていかれます。 軽く食事をとり、

ダンスを楽しみ、そこまでかと思っていたら、彼女は

「別れが惜しいの。もう少し一緒に居て」といいます。

 

 そこで、ようやく彼女の気持ちが分かり、喜び勇んで、

ホテルではなく、近所のモーテルに連れて行きます。 

彼女は多分22才前後、彼は30台後半、棚から牡丹餅と

喜び勇んで情熱的な時間を共有します。 

翌朝、彼女には十分なものを渡しました。彼女は、意外

そうというか、怒ったような顔をしていましたが、少し

すると笑顔を見せて一緒に外へ出て、彼女は駅の方へ、

彼はホテルのほうへと、別れ別れになります。

 

 これが、援助交際だったのかどうかは、彼には分から

なかったそうです。でも、若くて可愛い女の子と数時間とは

いえ、夢の様な時間を持てたことは何時までも忘れられない

と云っています。