読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウソー!ホント? 第十九話

 今度はカナダのお話しです。 アメリカは良く知られて

いますが、カナダのことは、あまり、知られていないと

思います。特に、今回お話しするノバスコシア(Nova Scotia)

を知っている人は少ないでしょう。

 

 彼はニューヨーク駐在の日本人商社マンで、ステンレス

鋼材の輸入販売をしていました。あるとき、海上貨物の保険

会社からの情報で、カナダのノバスコシアのハリファックス

に寄港している貨物船から、航行中暴風雨で海水をかぶり、

錆びてしまったステンレス厚板を引き取り、買い手を探して

いるとのこと。

 地図で場所を見てください。大西洋岸の赤い島です。

f:id:TedO:20170501161717p:plain

 買い取って加工すれば売れると読んで、米国人スタッフと

現場に飛びました。商談は即決で決まりましたが、手配に

時間がかかるので、岸壁に近いホテルに宿泊しました。

 

 夜、ベッドに入っても眠れず、思いついてホテルの電話

交換手に電話して、少し、近所の事を教えて貰いました。

それから、しばらくは眠ろうとしますが、眠れません。

もう一度、交換手に電話して、勤務は何時までか聞くと、

夜中の12時までで、もうすぐだと云います。そこで、

ホテルの外に一緒に行かないかと誘うと、OKとのこと。

ホテルは古城のように黒々と聳え立ち、玄関は地上から

かなり高い所にありました。一寸待ちましたが、彼女は

出て来ません。ところが、玄関より大分下のほうで、

ホテルの端のほうから歩み出て来る人影が見えました。

見ていると、姿が消えていました。

 

 電話での約束は何だったのか、疑問だけが残りましたが

夜霧で視界がぼやけていて、ロマンチックな思い出でした。