読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へー、ほんと? 第二十二話

 ネタもとの彼が自分の小説だかエッセイに使おうと

していたとかで、出し渋っていた話ですが、肝心の

ところはぼかす条件で教えてくれました。

 

 40年位昔のことだそうです。 ある、偶々、目についた

クラブに一人でふらりと入ります。 テーブルに付くと、

若そうだが、服装も顔つきも陰気な女の子が席につきます。

彼の方は初めてだから仕方ないかと、ブランデーの味を楽しむ

ことに専念します。 彼女はほとんど口を開かず、彼は一生懸命

飲み物を勧めます。 結構アルコールは強く、数杯飲むと

ようやく年齢を教えてくれます。 老けて見えたが、25才

とのこと。 ところで、順序が逆になりましたが、場所は、

ニューヨークのマンハッタンのミッドタウンです。

そして、コリアン・クラブであります。二階で、結構テーブル

が多いのですが、客は他に全くいません。 しかし、時間が

経つと若干客が入り、そのうちに、3人のバンドマンが入って

来て、カラオケの伴奏を始めます。 そうすると、彼女は

アルコールが入ったせいもあって、すっかり陽気になって

ステージにあがり、ハングルの演歌をご機嫌で歌い出します。

ところが、これが上手で聞きほれます。更に「踊りましょう」

と云って、手を引っ張ってステージの前のフロアーに行って

日本の演歌の伴奏で踊ります。あとは、フルーツの大盛りが

出て来て、ようやく、クラブに遊びに行った気分になります。

又、忘れましたが、彼女は日本語は出来ませんが、英語がある

程度出来、更に、漢字で筆談して充分意思の疎通は出来ました。

勘定は日本のバーより安く、又、来るよと云って帰ります。(続)