読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へー、ほんと? 第二十三話

 二十二話の続きです。 説明が遅れましたが、彼が突然一人で

クラブに行き出したのには理由がありました。 

彼は最初は29才でニューヨークに単身赴任、2年で一旦帰国、

36才で二度目のお勤めでした。 

元々筋肉が異常に堅かったのが、いろいろな原因が重なり、

41才で「四十肩」になり、幸い半年で治ったものの、

筋肉への負荷を減らす必要を感じます。

 

 彼の住まいはニューヨーク市のクイーンズ区の中心、ロング

アイランドのジャマイカという地域にありました。

ここは、ジョン・F・ケネデイ空港にも、ラグアーデイア空港にも

近く、会社のオフィスがあるマンハッタンのダウンタウンにも車で

1時間以内と便利なところにありました。

 

 ところが、ニューヨークから南のニュージャージー州にある

営業所に勤務することになります。 彼の住まいからは車で90分

かかります。 常識では、勤務先が変われば、近くに転居する

のですが、子供達の学校の都合で転居しなかったのです。

 

 この車の通勤が筋肉に負担になる筈で、その解消のために、

帰宅途中、時々は、マンハッタンで休憩することにしたのです。

そして、馴染みになった女の子のいるクラブに週に1~2回

立ち寄ることになったのです。

 

 韓国人は日本人よりおおらかで積極性があるのですが、この

彼女も最初すごく暗かったのが、何回も会ううちに、どんどん

打ち解けてきて、理由を話してくれました。 彼女は結婚して

数年経っても子供が出来なかったのですが、夫は外に若い女が

出来、妊娠したので、別れてくれと云い、子供が出来ない

自分が身を引くしかないと、離婚に応じたそうです。

 

 然し、怒りと絶望感で睡眠薬自殺を図ります。ところが、

量が多過ぎたのか、苦しみで床を転げまわりながら吐いて、

未遂に終わります。そのときの、寒さと苦しみと恐怖は二度と

繰り返す気が起きない程だったそうです。

 

 その告白からあとは、完全に立ち直り、彼との仲も深まり、

友達のアパートに一緒に行くと、ボーイフレンドだと紹介する

ようになります。お互いの知っているレストランで食事をしたり、

彼女がオーナーを知っている他のクラブにも一緒に顔をだします。

 

 ところが、彼女の態度が冷淡になってきて、どうしたのかと

聞くと、みんなに結婚している人と付き合ってどうするのと

云われたとしょんぼりしています。 これには、答えようもなく、

ついに、あるとき、突然電話が通じなくなり、アパートのドアを

叩いても返事がありません。 LOVE IS OVER でした。

然し、彼女が苦境を乗り越えるのに手を貸せたという満足感が

残り、何も言わずに姿を隠したのも彼女の思いやりと受け止めた

そうです。