読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へー、ほんと? 第二十五話

 二十四話からの続きです。 

元看護兵でDJの若いアメリカ人の男と韓国人女性の夫婦との

交流のお話しです。二人は男が韓国に駐留していた時に知り合い、

結婚して米国に来ました。コロラド州デンバー市に陸軍の基地が

あり、男はそこに勤務していましたが、人員整理があり、職を

失い、DJというアルバイトをしていました。女性は25才で

韓国バー・レストランで働いていました。彼女の収入のほうが

多く、自宅のオーデイオ・セットも彼女が買ってあげたとの

ことでした。

 

 そこに日本人商社マンの彼が現れ、彼女のいるレストランに

頻繁に訪れ、二人は親しくなります。 彼女の同国人の友達が

やはり米国軍人と結婚し、小さい子供が二人いて、幸福な

生活をしており、彼女に頼まれて彼の車で友達一家に会いに

行ったこともあります。又、夫婦を日本レストランに連れて行き、

天ぷらやすき焼きをご馳走したこともあります。

 

 ところが、彼女から夫と別れて自分のアパートを借りるという

話を聞かされます。理由は夫からDVを受け、警官を呼び留置所に

入れて貰ったことがあり、弁護士を頼んで離婚協議に入ったからだ

と分かります。 その弁護士はコロラド大学出身で、彼女の働く

店が開業の時、リッカ―・ライセンス取得で面倒をみた関係で

彼女の離婚相談にのっているのでした。その弁護士は妻と別居中

とかで、彼女を自宅に連れて行ったこともあったそうです。

彼女に頼まれて、その弁護士の事務所に彼女を車で連れて行った

こともありました。女性事務員を二人おいていて、繁盛している

ようでした。彼女はその弁護士の前では小さくなって、頼りに

しているようでした。

 

 アパートに引っ越したので、部屋に行ってみると家具が殆ど

なく、直ぐに家具屋に連れて行き、必要最低限の家具を購入。

支払いはローンとし、1回目は彼が払ってあげました。それと

アパートの1回目の家賃もお祝いだと云って小切手を渡します。

彼女は大きいウオーターベッドを持っていて、バスルームで

水を注入するので、手伝ってと云われ、手を貸します。

 

 彼女を店が終わった後アパートまで送り、部屋に上がって

飲んで、泊ったこともありましたが、彼はベッドではなく、

カーペットの上に寝ました。彼は好意は持っていたが、

離婚協議中だから、それ以上には進めず、彼女も頼りには

しても、それ以上の気持ちは無かったでしょう。

 

 そのうち、彼に帰国命令が来ますが、用事があって車で

ニュージャージー州の米国本社に向かいます。

バックミラーに映ったロッキーの山なみと空を見て、

何とも言えない感動を覚えたとのことです。

(写真はネットからの借り物)

f:id:TedO:20170511203049j:plain