視力と眼鏡

 若い時は視力が強く、大学受験で単語のカードを作る時は

米粒に書くような小さい字を書いていた。

 

 45才位で新聞の字がにじみだした。会議の時、手元の

資料は老眼をかけて読み、ホワイトボードに書いてある文字は、

その老眼を外して見るというのがわずらわしかった。生まれつき

近眼だと、子供の時から眼鏡をかけ、不自由だろうなあと同情

していた。然し、生れつき近眼だと老眼になるのが可成り遅い

らしい。

 

 私の場合は遠視だったが、老眼になるのが早いだけでなく、

度が進むのが速いのが問題だった。勤続25年、50才で会社を

退社した原因でもあった。 

 

 車の運転も軽い老眼鏡をかけるようになり、免許証にも

「要眼鏡」と記載されるようになった。今から30年位前だが、

当時「遠近両用」というレンズが売り出された。

試しにあつらえたが、頭が痛くなるので、使用を諦めた。

 

 更に年をとったら、パソコンを使う時の老眼鏡と本を読む

時の老眼鏡と使い分けるようになった。近年になり、眼鏡屋に

行ったら、「近近」というレンズもあると聞き、作って貰ったら

これは調子が良い。

 

 ところが、最近、うっかりスマホを購入してから、困った。

画面の文字が小さくて、読書用の強い老眼鏡がないと、スマホ

操作ができない。そこで、再度「遠近」レンズをつくることにした。

この場合の「遠」は車の運転用の弱い老眼レンズを中央に、「近」は

読書用の強い老眼レンズを下に入れるのである。

 

 幸い、昔より値段は下がっており、当時の1個分で2個つくれる。

然し、老眼に悩まされ始めたときから、考えていたことがある。

カメラの進化は著しいものがあり、眼鏡にももっと先進の技術が

生かされないものか。CCDという光学用のICをゴーグルの中に

装填し、距離に応じて、度が変化するようなCCDアイが出来ない

ものか、という夢である。

 

 携帯電話も30年前は女性の肩からさげるバッグ位の大きさで、

20万円もしたが、問題は重量であった。確かバッテリーが

重かったのだと記憶する。当時はベンツなどの高級車には

自動車電話が標準装備されていたが、ゴルフとか釣りをしながら、

電話をしようと思えば、携帯が欲しかった。

然し、値段もさることながら、大きさと重さで諦めた。

 

 デスクトップパソコンも膝上にのせられるラップトップが

出始め、いずれは、パソコンと電話が一体になると予想していた。

結局、それがタブレットスマホになって現実のものとなった。

 

 ロボットの目と同じものを、ゴーグルの形で使える時代が

そろそろ来ると思うのだが、どんなものか。

 

 眼鏡業界ではなく、IT企業から発表されるかもしれない。

これは、巨大なマーケットがあるから、開発費をいくら

かけても、儲かると思う。宇宙開発より先にやるべきだろう。

 

特別お題 「『選択』と『年齢』」

 子供の出来ない夫婦に貰われて、育てられたことを、大学入学

手続きのために、取り寄せた戸籍謄本を見て、初めて知って驚いた。

20台は育てられた恩に報いなければいけない、という心情から、

結婚を急ぎ、早く両親に初孫を抱かせてあげたい一心の時代だった。

 

 順序が逆だが、10台は終戦後の貧困の時代で、生きていくのが

精一杯で、考える事はただ一つ、一流大学進学率が高い中学・高校に

合格すること。一流大学を出て高収入を得られる職業につくこと、

それが人生の究極の『選択』だった。

 

 然し、一流大学にはそう簡単に入れない。浪人生活に疲れ、20才で

就職という『選択』も頭をよぎる。ところが、我ながら良く決断したと

おもうが、そこで、一旦、全部放り出し、バイトをしながら、考える

ことにした。ある私大の学食のヘルプをしながら考えた。料理をつくって

他人に食べて貰う毎日だった。夏休みの前にやっと決心した。それは、

他人に食べて貰ってお金を頂くのではなく、他人に作って貰った料理を、

お金を払って食べる側になりたい。それには、矢張り大学進学しかない。

 

 そうは言っても、半年の間、参考書・問題集などに一切手を触れ

なかったので、翌年春の入試に失敗したら、就職しかないと覚悟は

決めた。でも、やったことは、何も特別なことではなく、2年間

勉強したことのおさらいで、唯一変えたのは、第一志望校を諦め、

第二志望校のみに的を絞ったこと。更に、学科も競争率が低い

ところに変えたこと。そして、アッサリ合格。

 

 他人より遅れたが、25才で希望していた職種の中堅企業に就職

出来た。これも、自分だけの力ではなく、大学の恩師の後押しが

あったことを、入社してから会社の人事から指摘された。然し、

後は何事も無く、27才で結婚、29才で長男を授かり、育ての親に

恩返しが出来た。そして、夢だった海外駐在も叶い、大学進学という

『選択』を諦めなくて正解だった。

 

 然し、試練はここから始まった。海外に単身赴任して、そろそろ、

妻子を日本から呼び寄せようかと云う時、義父が長患いの末に世を去り、

会社に駐在期間を短縮して貰って帰国の準備中に、義母が原因不明の

病気で入院。空港から病院に直行して、息のあるうちに対面は出来たが、

翌日、義父の後を追う如く亡くなった。何と、死因は破傷風だった。

 

 この時、30才で義理の両親から東京都心の一軒家を相続。

しばらくは、その古家で辛抱していた。そして、再度、海外駐在が

続き、40台半ばになって、帰国した機会に、ついに建て替えの検討を

開始した。この古家は地盤が緩いこともあり、大きい地震がきたら、

倒壊の怖れがあったので、耐震工法で建て替えしたかった。

然し、一階の半分位は貸店舗で、店子がいたのである。

立ち退交渉を始めたが、これが難航。

 

 ここでしなければならない『選択』が問題だった。

それまでの人生で身についていた知恵で、新築建物の一階に店舗を

用意して、その部分を区分所有、つまりは、店子に分譲することで

決着をみた。

ところが、問題は耐震工法のコストであった。木造の三階建てなら、

それほど大袈裟な基礎工事は必要なかった。然し、三階建てでは、

建築費用がまるまるローン返済で負担になる。

業者と相談して、地下13メートルまで6本のパイルを打ち込んで、

鉄骨コンクリートで5階建てにして、1~2階に賃貸オフィスを

つくって収入源とすることにした。

机上の計算では、その収入でローンの返済は出来る筈だった。

ところが、捕らぬ狸の皮算用で、賃貸収入は予定より大幅ダウンで、

ローンの返済がお荷物になった。

  

 然し、そうこうするうちにバブル経済が到来、地価が大暴騰、

地上げ屋がアプローチしてきた。

ここで、人生最大の『選択』の機会がきたのである。

丁度、会社での立場も愉快なものではなく、勤続25年と中途

半端だが、大決断で退社して、持ち家を換金してローンを返済。

そのあとは、慣れ親しんだ米国に移住して一旗揚げようと考えて

いた。ところが、当時の米国ビザ発給は厳しく、渡米はあっさり

諦めた。

 

 次の『選択』は180度方向転換で、伊豆の温泉別荘地に理想の

住いを建てて、ゴルフ三昧の生活を始めた。50才で現役引退

という『選択』は非常識とも思われようが、自分としては大学

進学に時間をロスしており、その時決めたのは「同年の人よりは

長生きをしてやる」ということだったのだ。それも、「寝たきり」

では駄目なのであり、米国人のように85才になっても、夫婦で

マイカーで旅行するような老後を送ることが目標だった。

 

 80才まではズルズルと惰性で生きていたが、やることが

無くなったら、その反動でそれまでやってないことをやる気に

なり、ツイッターとかブログとかを始めてみたら、人とのつながり

という新しい世界が広がってきた。

 

 パソコンとか、ウオークマン、携帯電話は大分前から使っているが、

それ以上は手を広げるのが億劫で無視して来たスマホを最近手に入れた。

 

 小さな『選択』の積み重ねだが、新しいことを抵抗を感じないで、

『選択』出来るのは、矢張り、若い時から大きな『選択』を繰り返して

きた修練の賜物と自画自賛している。

 

 

 

「タイプライター」という文房具

 現在のデータ入力はキーボードのキーを使って入力したり、

手書き入力とか、音声入力とかあるが、基本はタイプライター

という文書作成の道具である。 ちなみに、IBMという

コンピューター業界の「巨人」も創業者はタイプライターを

売り歩くセールスマンだった。

 昔はタイプライターを操作するのは女性の仕事で、「タイピスト

という職種もあった。 筆者は高校時代に総合商社に高卒で就職

した先輩と会う機会があり、将来は総合商社に就職して、貿易の

仕事をしようと決意を固めていた。

 入学した大学は、当時、東京都北区西ヶ原にあり、自宅は東京

タワーの近くだから、都電という路面電車を乗り継いで通学すると

片道1時間半くらいかかった。朝寝坊には一時限目はしんどい。

だから、必須科目1科目だけにして、他の日は空けておいた。

 大学にはタイプライター室があって、20台くらい置いてあった。

今ならパソコン教室というところ。大学に着くとタイプライター室に

直行。教本を見ながら独習。ところが、専攻の外国語に使われる

特殊な活字がついていない。 仕方が無いから、親にせがんで神田の

専門店に付いて行って貰い、中古品を購入して貰った。

 運の良いことに、映画会社の東映が日本映画を東南アジアに輸出

しており、日本語のシナリオを現地業者が字幕用に翻訳する訳だが、

日本語は読めないから、ローマ字表示にしたものが必要であった。

その仕事にありつき、自宅で完成して納入し、そのバイト代で

タイプライター代金は回収してしまった。

 さらに、専攻外国語の教材となる原書も先生が持っている1冊

だけしかないので、コピーをつくるのだが、業者に頼めば高い。

そこで、筆者が、自宅で、活版印刷用の原紙にタイプして、大学の

印刷設備を使わせて貰って、必要部数の写しを作り、原価でクラス

メートに配布したりした。

 筆者がタイプライターを使いこなそうと考えたのは、総合商社に

進んだら、タイプの技術は必須だと考えたからである。実際、海外

支店とのテレックス交信、見積書、契約書、輸出文書、など、

タイプが打てなければ、入社後タイプを練習をすることになり、

苦労するところだった。 勿論、アシスタントを採用して、楽には

なったが、海外支店に赴任すれば、自分の事務能力が頼りであり、

大学でマスターしておいて良かった。 

 現在80才を過ぎても、パソコン入力に不自由が無い。むしろ、

パソコンを使いこなすことが出来て、毎日退屈することがない。

これからは、タッチ入力や音声入力が発達するだろうが、タイプ

技術の必要性は無くならないと思う。

 

 

2017-7-4 アメリカ独立記念日を祝して

  7月4日は米国の独立記念日である。 

それは良く知っているが、日本にいると忘れがちである。

念の為、ウィキペディアで調べてみた。241年前の

1776年ペンシルベニア州フィラデルフィア

トーマス・ジェファーソンが起草した独立宣言書が

採択された。

 自由の鐘の写真があったので拝借した。

 

f:id:TedO:20170704161854j:plain

  独立100周年を記念してフランスから「自由の女神像」が

贈られた。女神像はフランスでの募金活動で作られ、台座は

米国で寄付を集めて作られた。エレベーターで10階にあがり、

その先は階段で王冠部にあがれる。完成は1886年である。

f:id:TedO:20170704194048j:plain

f:id:TedO:20170704194127j:plain

 2001年の同時多発テロ世界貿易センター1号館2号館が

粉塵と消えた。

f:id:TedO:20170704194434j:plain

 然し、2006年から2014年という長い時間をかけて、

再開発が行われ、独立年にちなんで1776フィート

(541メートル)の「フリーダムタワー」(415メートル

104階が最上階)が完成している。

f:id:TedO:20170704202146j:plain

f:id:TedO:20170704202216j:plain

 

 筆者はマンハッタンのダウンタウンにあるウォール

ストリートの近くのオフィスビルに勤務していた時、

スターテンアイランドに住み、フェリーで通勤していた。

毎日のように「自由の女神」を見ていたので、見物に行く

機会が無かった。

 

 世界貿易センターの2号館の48階に勤務していたことも

あるが、テロより大分前にニュージャージー州に自社ビルを

建設して引っ越していて難を逃れた。

 

 日本は太平洋戦争、地震・洪水からの復興で大変だったが、

米国の「独立魂」も褒めたくなる。

 

 

 

 

なぜゴルフ狂になったのか 第五話

【4】プロのヒーロー的プレーヤーの存在。

 

  私の時代のヒーローはジャックニクラウスとアーノルドパーマー

青木プロとジャンボ尾崎である。タイガーウッズはその後に登場。

スポーツ界のヒーローは野球、アメフト、バスケ、サッカー、

ボクシングにもいるが、ゴルフ界のヒーローはウェア、用具など

でもブランドがアマに浸透し、ゴルフの振興に影響力を発揮した。

 

 トーナメントもマスターズ、全英オープンなどテレビ中継を

必ず観たし、御殿場の太平洋マスターズには2年連続でジャンボを

観に行った。アメリカにいたときも近くのコースで女子プロの

ツアー戦があり、これも2年連続で樋口プロを観に行った。

 

 今回、松山プロが世界ランク2位になり、ニュー・ヒーローの

誕生でゴルフ界は盛り上がることだろう。

 

【5】ゴルフ雑誌やビデオと練習場

 

 他のスポーツでもある程度は存在するが、ゴルフ関連の雑誌・

ビデオは極めて多く販売されている。 本当は練習場でレッスン・

プロに習う方が間違いないが、費用や機会の問題もあり、普通は

雑誌・ビデオをみながら、自己流で腕を上げようと研鑽を積む。

そして、練習場に足を運び、ひたすらボールを打つのである。

 

 プロは素振りを大事にするようで、1日千回とか素振りをする

という話を聞いたことがある。しかし、アマは練習は苦手であり、

練習場とは言え、実際のボールを打つのも、それだけで快感なの

である。私など、最初はドライバーで300発位打ってから、

下の番手を打ち、最後にサンドウェッジで打って、合計500発

打っていた。だから、手のひらや指はマメだらけで、皮がむけて

血だらけで打ち続けた。

 

 上達してからは、逆にサンドウェッジから打ち始め、段々番手を

上げて、最後にドライバーは20~30発で、合計300発に

押さえるようになった。

 

 最近は、プロがビデオを撮って、本人と一緒に見ながら、教えて

くれるような施設もあるようで、私の頃より短時間で、効果のある

指導が行われているようだ。

 

【6】ゴルフクラブとボール。

 

 ゴルフクラブにはウッドとアイアンがあり、他にパターがある。

野球のバットはもっと飛ぶようなものはルールで使えないらしいが、

表面に炭素繊維を巻いたらもっと飛ぶのに残念である。もっとも

飛び過ぎると球場を大きくしなければならないから無理だ。

 

 ゴルフは寸法は制限があるが、材質は自由なようで、先ず、

シャフトを炭素繊維にした。ヘッドも軽い材質で大きくした。

材料はどうなっているのか分からないが、セラミックも使う

ようだ。もっと飛んで、且つ、曲がらないクラブの開発は

エンドレスゲームとなっている筈。当然、価格も高額になって

いるだろうが、アマは良いとなると欲しくなるのが常である。

 

 ボールも同様飛距離が伸び、曲がらず、グリーンに落ちたら

すぐ止まるようなボールが夢のボールであり、開発・宣伝が

盛んである。

 

 以上、ゴルフは他のスポーツに較べて、とてつもなく面白く、

夢中になり易いが、アマが技術を向上したい欲求も滅茶苦茶

強いスポーツなだけに、良い指導者と先端技術・設備を駆使した

練習場が出来たら、良い商売になるだろうという私の予想を

もって終わりとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜゴルフ狂になったのか 第四話

 私のゴルフ歴は29才から57才くらいと短かい。41才で

発症した四十肩が原因である。プレーは再開出来たが無理だった。

ゴルフは年を取っても出来るスポーツというのが、一つの夢中に

なる要素である。「エイジ・シューティング」というものがある。

これは、プレーヤーの年の数と同じ数のスコアでラウンドすること

であり、ホールインワンのように知人たちからお祝いをされること

である。プレーヤーのほうも記念品を作って配る。

プロではそれほど珍しくはないが、アマでこれを果たした人を

一人知っている。私の勤めていた会社の専務で、最近話題の

霞が関ゴルフ」のメンバーだった人が77才のとき77で

ラウンドしたと記憶する。

ついでに、ホールインワンについても、触れておこう。

ホールインワンは通常パー3のショートホールで発生する。

私は実物を見たことは無い。然し、会社の4~5年先輩で大学の

ゴルフ部出身の人がニューヨーク駐在中に18ホールで2回

ホールインワンを達成し、ニューヨークタイムズ誌に報じられた

という、ニューヨークの日本人社会ではレジェンドになっている

話がある。こういう話を身近に聞くと自分もと奮い立つものである。

 

 「ゴルフが何故プレーヤーを夢中にさせるか」、その要因を整理

しておくと、これまでに指摘してきたのは:

(1)技術が劣ってもハンデがあるので、上と下が接戦になる

   可能性があるので勝負を争うのが面白い。

(2)テイーグラウンドの設定がプロ、アマ、男子、女子と

   別れており、グリーンまでの距離が力に合わせて調整

   されているので、プレーヤー全員が公平に争える。

(3)コースは広大な土地を使って、自然の地形を生かして

   いるから、コースが違うとプレーの面白さも違い、

   初めての場合はわくわくする。但し、初めてのコースで

   良いスコアは期待出来ない。

 

 次からは、下記の分野を論じてみる:

(4)ゴルフは例外はあるが、基本的には個人と個人の闘い

   であり、プロの活躍・人気がアマの向上欲を刺激する

(5)他のスポーツより技術、用具、ファッションなどを

   扱った雑誌、ビデオ、など、プレーヤーの興味を

   そそるメデイアが充実している

(6)用具の進歩=より長い飛距離・正確なショット=

   より良いスコア

(つづく)

 

 

 

 

なぜゴルフ狂になったのか 第三話

 なぜゴルフに夢中になったか、自分の体験ばかり思いだして

書き始めたので、最初にゴルフというスポーツの特徴を挙げ

なければいけなかったことを忘れていた。

 

 本当かどうか自信は無いが、ゴルフの発端は羊飼いの

少年たちが布を糸で巻いて球状にして、先端が曲がった

木の枝で打って前に飛ばしながら遊んでいたのを見た貴族が、

考え付いたとどこかで読んだように思う。

 

 だから、ゴルフコースは出来るだけ手を加えず、自然のままの

状態を残すのが基本である。矢鱈、土を削って平らにして芝生を

植えて美しいコースを造るのは邪道であるが、日本人はそのほうを

好む傾向がある。

 

 ゴルフの醍醐味はボールを遠くに飛ばす快感、コースにより

異なる景観を楽しめること、同伴プレーヤーとの親睦を図れる

こと、最後に揚げるとすれば、プレー後の入浴とその後の

ビールでの乾杯だろう。

 

【3】ゴルフの魅力と他のスポーツと断然違う点は

「ゴルフコース」にある。

 

 私はニューヨークで29才と遅いスタートだったが、最初から

パブリック・コースに連れて行かれ、道具はレンタルし、手袋、

ボールなどはプロショップ(売店)で買い整え、練習場に行き、

周りを見ながら、自己流で打ち始めた。その後、コースに出て、

兎に角ボールを前に向かって打つた。殆んどゴロばかり。

スコアはつけられる訳がない。

 

 コースは平らな「林間コース」で真ん中がフェアウエイで、

両側が林である。途中にクリークという小川があったり、池が

あったり、バンカーという砂場があったり、終点はグリーンという、

芝生を張った相撲の土俵みたいなものがある。

 

 このゴルフ初体験がゴルフに夢中になった発端である。

 

  ゴルフコースは一般的にはメンバーコースと云い、会員権を

買って会員にならないとそのコースでプレーが出来ないが、

既に会員になっているメンバーに連れて行って貰えばプレーが

出来る。メンバーシップというのはメルセデスベンツを持つのと

同じで社会的なステータスシンボルである。

 

 会員権にも種類があり、先ず、平日会員権(土日祝日は駄目)と

無制限の会員権があった。確か、他に配偶者とか家族会員権も

あった記憶がある。昭和末期のバブルのときは、この会員権が投機の

対象となり、私も買ったり売ったり、その間にプレーもして楽しん

だり、利益も出たが、結構税金を納め、国の財政に貢献した。

 

 日本では少ないが誰でもプレーできるパブリックコースもある。

但し、予約が難しかった。プレー希望日の予約受付開始日早朝から、

電話で申し込むしかなかった。今は、どうだろう。ネット予約も

あるかも知れない。

 

 コースの種類も大きく別けて、平地の林間コース、アップダウン

がある丘陵コース、更に複雑な地形の山岳コース、海岸の風の強い

海岸コースなどがある。アメリカには住宅開発の一つの形として

真ん中に林間ゴルフコース、そのまわりに住宅を配置するという、

広大な土地を生かしたものがある。日本でも、別荘地に隣接した

ゴルフコースはある。それと、川奈ゴルフが典型的な例だが、

付属のホテルに宿泊すればメンバーでなくてもプレーできる

コースがある。

 

 最後にコースの中にあるハザードに触れる。ウォーター・

ハザードに二種類ある。池とクリークである。クリークとは

細い小川でフェアウエイを横切るものと、フェアウエイの右か

左の端を流れるものがある。幅は2~5メートルが普通である。

池は稀に、真ん中に島のようにグリーンが造ってあり、届かなく

ても、飛び過ぎても池ポチャとなるコース設計もある。

 

 バンカーというのは、中に砂が入っているから砂場とも云える。

浅いのと深いのがあり、フェアウエイの中ほどにあるのをフェア

ウエイ・バンカー、グリーンの周りにあるのをグリーン・バンカー

と云う。全英オープンで見かける「たこつぼバンカー」は小さくて

深いから出しにくい。他方、大きくて、人間の身長の倍以上深い

のもあり、これもグリーンまで届かなければ戻って来るし、

飛び過ぎると、グリーンの向こう側の同様のバンカーに飛び込み、

所謂、「バンカーからバンカー」の繰り返しも起こり得る。

それを見越して、グリーンではなく、後ろのフェアウェイに

向かって打ち出すことも作戦である。 この手のバンカーは

遠回りしても、絶対入れない、落とさないのもスコア・メイクに

必要な作戦である。

(つづく)