なぜゴルフ狂になったのか 第三話

 なぜゴルフに夢中になったか、自分の体験ばかり思いだして

書き始めたので、最初にゴルフというスポーツの特徴を挙げ

なければいけなかったことを忘れていた。

 

 本当かどうか自信は無いが、ゴルフの発端は羊飼いの

少年たちが布を糸で巻いて球状にして、先端が曲がった

木の枝で打って前に飛ばしながら歩いていたと、どこかで

読んだように思う。

 

 だから、ゴルフコースは出来るだけ手を加えず、自然のままの

状態を残すのが基本である。矢鱈、土を削って平らにして芝生を

植えて美しいコースを造るのは邪道であるが、日本人はそのほうを

好む傾向がある。

 

 ゴルフの醍醐味はボールを遠くに飛ばす快感、コースにより

異なる景観を楽しめること、同伴プレーヤーとの親睦を図れる

こと、最後に揚げるとすれば、プレー後の入浴とその後の

ビールでの乾杯だろう。

 

【3】ゴルフの魅力と他のスポーツと断然違う点は

「ゴルフコース」にある。

 

 私はニューヨークで29才と遅いスタートだったが、最初から

パブリック・コースに連れて行かれ、道具はレンタルし、手袋、

ボールなどはプロショップ(売店)で買い整え、練習場に行き、

周りを見ながら、自己流で打ち始めた。その後、コースに出て、

兎に角ボールを前に向かって打つた。殆んどゴロばかり。

スコアはつけられる訳がない。

 

 コースは平らな「林間コース」で真ん中がフェアウエイで、

両側が林である。途中にクリークという小川があったり、池が

あったり、バンカーという砂場があったり、終点はグリーンという、

芝生を張った相撲の土俵みたいなものがある。

 

 このゴルフ初体験がゴルフに夢中になった発端である。

 

 

 

 

 

なぜゴルフ狂になったのか 第二話

 どんな競技でも他のプレーヤーに勝ちたいと思って

プレーする。一般的に他の競技では対等の条件で闘うが、

マチュアゴルフはハンデキャップを付けて闘う。

これは、多分英国発祥の競技だからではなかろうか。

つまり、弱者にも勝つチャンスを与えるという、騎士道

精神の発露ではないか。だから、前回は「ハンデキャップ」

がゴルフを面白くする最大の原因と述べた。然し、ゴルフが

面白い原因は他にもいろいろある。

 

【2】テイーグラウンドに設けられているハンデ。

今回はプロ、アマ、男子、女子別に設けられているハンデの

話である。テイーグラウンドは小島の形だが、バック・テイー

グラウンドとフロント・テイーグラウンドと二つある。

男子プロ用はバック・テイーグラウンドの最後尾にある。

男子アマ用は同じ島だが最前部の方にある。

女子用は良くは知らないが、アマ女子用はバック・テイー

グラウンドより10ヤード位前方(グリーンに近くなる)の

フロント・テイーグラウンドにある。

理由は徒競走で大人と子供が一緒に走る時、子供は前の方から

スタートするようなもの。

プロ、アマ、男子、女子の飛距離が違い、グリーン到達までの

距離を調整することで、力の無いプレーヤーにもパーとか

バーデイーとか取れる可能性を与える措置で、これはハンデ

というより救済とか援護の意味がある。

例えば、アマの男子は時々アマの女子と一緒にラウンドする

ことがあるが、このテイーグラウンドの違いは、女性に対する

思いやりという感じがあって、男性は良い気分になれるもの。

レデイ―・ファーストの精神と共通であり、又も、英国発祥の

競技であることを思い出す。

(つづく)

 

どうして「ゴルフ狂」になったのか  第一話

 松山英樹プロが世界ランク2位になった。実に素晴らしい。

「おめでとう、よくやった! ありがとう」と云いたい。

 私は「下手の横好き」だが、アマ(アマチュア)にしては

随分ゴルフに熱くなったものだ。重症の「ゴルフ狂」だった。

 「ゴルフのどこがそんなに面白いのか」と聞く人がいる。

そう云われて考えて見た。考えたら、こんなに面白いゲームは

他に無いと思った。英国人はよくぞこんな面白いゲームを考えて

くれたものだ。私はゴルフには向いてなかったので腕の方は

冴えなかったが、面白さを生み出した要素・原因は分かるから

ゴルフ人口を増やすためにブログってみる。

 

【1】いろいろあるが、先ずはハンデ(ハンディキャップ)から

いきましょう。プロには無いが、アマにはJGA日本ゴルフ協会

公認の公式ハンデと仲間と勝敗を競う時とか、社内とか業界のコンペ

コンペティション=競技会)で使用するプライベート・ハンデがある。 

最初は36(公式ハンデは確か32)である。 ちなみに、シングル

というのは10以下(9~1)。確か0(ゼロ)は無い。

 

 ハンデは格闘技とか囲碁将棋の段位みたいに、実力を測る物差しであり、

ロウ・ハンデ(シングルなど)だと、それだけで偉い人と尊敬されるし、

自分でも鼻が高くなるのはやむを得ない。

 

 JGAの公式ハンデというのは、半年以内にプレーした時のスコアカード

6枚(同伴プレーヤーのサイン入り)を提出すると、ゴルフ場の難易度とか

ホールごとのスコアのベストとワーストを除外してとか、決まった計算

方法で算出して頂くもので、有難いものである。持っているだけでも

自慢できるが、15以下だと勲章ものである。

 

 プライベート・ハンデは仲間内で勝ち負けを競う時のものと、社内・

業界コンペで認めて貰うものは違う。新規参加のときは、社内コンペの

場合は、実力を知っている上級者が決める。業界コンペなどは、JGA

ハンデがあれば、それを連絡するが、普通は、申告制である。ゴルフは

「紳士のゲーム」とされており、良心に従って妥当なハンデを登録する。

 

 仲間内で勝ち負けを争う時のハンデの設定・変更はややこしいので

後述する。コンペのときの順位は18ホールのトータル・スコア

グロスと云う)からハンデを引いたスコア(ネットと云う)で決まる。

グロスが100でハンデが20なら、ネットは80となる。ここで

ハンデが30ならネットは70となり、18ホールがパー72のコース

なら、2アンダーとなり上位入賞、ひょっとすると、優勝である。

 

 つまり、ゴルフの面白さの最初にハンデをもってきた理由がここにある。

下手でも、ハンデのお蔭で上位入賞のチャンスがあると云う点である。

 

 仲間内でのハンデは下手な方が上級者から貰うハンデのことである。

お互いの平均的なスコアを下手な方が100、上級者が85とすると、

差の15の九掛けとか八掛けで12~13をハンデとする。

コースにはホールごとに難易度が表示されており、上記のハンデの

適用の仕方は、ハンデが12だと、難易度1位から12位のホールは

下手な方は自分のスコアから1つ引いて、上級者のスコアと較べる。

下級者が5だと、ネットは4。上級者が4だとイーブン(引き分け)。

下級者が4だとネット3で勝ちとなる。6ならネット5で負け。

難易度13~18位のホールはハンデ無しでスコアを競う。

つまり、下級者でも普段より良いスコアが出て、ハンデが生きて、

勝ちのホールが負けのホールの数を上回ればトータルで勝つチャンス

があり、腕の上下にかかわらず勝負になるところが面白いのである。

(つづく)

 

 

   

 

時代の変化を再認識

 100記事までは嬉々として書き進んできたが、隠居の身では

ネタが無くなってしまい、久しぶりのブログである。

 

 6月18日(日)に最近川崎のタワーマンションに引越した息子の

新居を見せて貰った。彼は新宿~目黒~五反田~川崎と頻繁に

引越し、そのたびに新居を見に出かけたが、今回は驚かされた。

川崎は昔は毎年川崎大師に初詣に行き、縁の深い土地であるが、

駅の西側の大規模再開発には唖然とした。

 JR品川と田町の間に新駅が出来るが、豊洲ー築地問題とか、

その前に、お台場開発とか、東京湾沿岸の開発が知らない間に

どんどん進み、東京の変貌は世界一ではなかろうか。

 標高ゼロメートルの低地にこんなに開発を進め、地震津波

などの災害対策は出来ているのか心配である。

 筆者は東京タワーの近くに40年以上暮らし、地震が恐くて

米国東岸に住みたいと思っていたが果たせず、丹那トンネル

そばは大丈夫と聞いて暫く住み、その後飛行場跡地は安全と

考え、立川市に腰を落ちつけたが、すっかり時代遅れの田舎者に

なってしまった。

 最近、恐いと思うのが停電である。電気への依存が甚だしく

停電になったらどうなるのか。考えるだけで恐ろしい。家庭の

電気設備だけなら、自家発電とか太陽光発電とかで間に合うが

通信関係は補助発電が出来るようになっているのか。

 イスラムのテロも怖いし、北朝鮮も怖いが大丈夫なのか、

日本は、世界は。

 

運命が変わったとき

 約30年前のある小さな事件が我が人生の最大の変換点。

 

25年間のサラリーマン生活のうち、10年もニューヨーク

駐在でアメリカ暮らし。時あたかも史上最大のバブル経済

 

 親から受け継いだ不動産を現金に換えてアメリカに渡り、

不動産業を始めようと考えて、会社を退社して計画実行。

 

 会社に勤めているときは、米国滞在のためのビザが簡単に

取れていた。それが無職になって観光ビザをとろうとしたら、

旅行代理店の詰まらないミスで米国領事館の担当官に警戒

されてしまい、観光ビザすら取れないことになってしまった。

 

 予定通りにアメリカに渡り、中古家屋を数戸買って、賃貸業を

始めるつもりだった。 当時の米国東岸での中古家屋の価格は

15~25万ドルだった。 米国では住宅はローンで購入する

のが常識で、借りるということは少ない。 家族が増えて

手狭になると、大きな家に買い替える。 つまり、売買が普通で

賃貸物件はなかなか発生しない。 駐在員とか短期間しか住まない

ケースでは買わないで借りたいが、物件が限られているので

賃貸料は割高である。月家賃は物件にもよるが、仮に千ドルと

すると、年間で1万2千ドル。10年で12万ドル。 従い、

20年で大体元は取れる。 ローンで買っておけば、金利

賃貸収入から控除できて、節税が出来る。

 

 最近、NYにいる甥っ子のブログでマンハッタンの家賃が

3千ドル以上とあり、戸建て・アパートの販売物件の価格を

調べたら、百万ドル以上になっており、びっくり。

 

 予定通り渡米していたら、アメリカンドリームが実現

出来ていたかも知れない。

 

へー、ほんとに? 第三十三話

 今日はある女性とメールで恋愛論をしました。

ちなみに、私は男です。

我々は恋愛小説の愛好家であり、彼女は恋愛小説を書く方です。

私は恋愛小説を読むのが好きな、単なる一読者です。

ところが、昨日、彼女から深刻なツイートが来て、恋とは何か、

愛とは何かと云う話に発展してしまいました。

 

 私は一般論として、

恋は一人でもできるもの。

愛は二人で無いとできない。

恋は過程。愛は結果。

恋が育って、愛となる。

恋とは相手を独占したいという欲望。

愛は相手を大切にしたい、相手に尽くしたい、

という感情。

と、何処かから引っ張り出して来た文言を並べました。

 

更に、辞典からの引用で、

<恋>

特定の異性に深い愛情を抱き、その存在が身近に感じられる

ときは、他の全てを犠牲にしても惜しくない程の満足感

充足感に酔って心が高揚する一方、破局などを恐れて

不安と焦燥にかられる心的状態。

<愛>

個人の立場や利害にとらわれず、広く身の回りのもの

すべての存在価値を認め、最大限に尊重していきたいと

願う、人間本来の暖かな心情。

 

とメールしたのですが、それに対し、彼女からは、

男と女では違う。男にとって恋は始まって終わるもの。

女にとっての恋は、物心ついた時から、ずーとしているもの。

という言葉が来ました。 私は男だからか、理解不能な

言葉でした。

 

 私は不真面目な男で、彼女は真面目過ぎる女性と思う

のですが、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

まさか! ほんとに? 第三十二話

 昔、ある男が大学に入学出来たとき、文通というものの

存在を知り、生れて初めて女の子と手紙のやりとりを始めた。 

それまでは、高校受験、大学受験に没頭していたから、

女性とのつきあいは一切無く、一生懸命文章を考えて出したら、

全員から文通したいとの返事が来た。 然し、みんな直ぐ止めて

しまい、残った相手は一人だけだった。その女性は東北の漁港に

ある、市の図書館の司書だった。 

 

 彼女から地元のお寺が無料で泊めてくれるから、来ないかとの

誘いがあり、大学3年の夏休みに東北周遊券を買って、彼女に会いに

行った。 お寺の和尚さんは東京の大学を出ていて、奥さんも

仙台の女子師範を出て、教員をしてことがある素晴らしい方だった。

高校生を頭に女の子3人、男の子一人の理想的なご家族でもあった。

和尚さんは住職としての職務以外に、市役所にも非常勤で顔を出し、

保育園の院長もされ、奥さんも不幸な女性たちの福利厚生の分野で

奉仕活動をしておられた。

 

 司書の彼女は毎日勤務を終えると、お寺に来て食事の後片付けを

したり、休みの日には周辺の観光につきあってくれた。

 

 彼が就職した後、お寺の長女が東京の大学に入学したとき、母親が

一緒に上京し、保証人になってくれと頼まれたことがあった。

 

 残りの子供達もみんな東京の大学に入学、女の子たちは東京で

結婚した。 男の子は父親と同じ大学を出て、住職を継いだ筈。

 

 それから、大分経って、奥さんから「紫綬褒章を頂いた」と

喜びのお便りと、重要文化財の六角堂の前で撮影した記念写真を

送って頂いた。

 

 図書館司書の彼女とはその後文通していないのが残念である。