読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

義理の娘

 我が家には息子は二人いるが、娘がいない。 片方の息子が一緒に暮らしている女性がいると報告してきた。 今度は一生一緒に暮らしていける相手かと訊いたら、そうだという。 彼は既に自立しており、一人でマンションに暮らしていた。 年もいっているし、良かったね、と祝福してやった。

 彼は大学時代に同棲したい女性がいると云ってきた。 反対してもだめだと言うから、こちらも反対する理由がないから、好きにしていいよと言ってやった。 女性はデザインの学校に入るために地方から出て来たとのこと。 アパートのルームメイトが

実家に帰るので困っていると聞き、自分のアパートに誘ったらしい。 二人はバイト先のガス・ステーションで知り合った。 状況から判断して、それまで通り全部親が面倒見るのは、甘すぎると思い、大学の授業料、アパートの家賃、駐車場の借り賃、光熱費はもってやるが、それ以外は二人でなんとかしろと突き放した。 彼は大学をでて、関西の企業に就職して、会社の寮に入った。 そして、彼女も関西の実家に帰った。 

その結果、二人は別れたようだった。

 研修期間が終わり、東京の事務所に配属され、適当なアパートに住んでいたが、取引先で知り合った女性と親しくなり、会社にも近く、彼女の実家にも近い、マンションに

引っ越した。 彼は彼女を熱海の我が家まで連れて来て、我々に紹介してくれた。 だから、二人は一緒に住むつもりだと思っていた。 

 数年後、彼はアメリカの大手IT企業の日本法人に転職し、その事務所に近い所に転居した。 この時点では彼女との関係は終わっていたようで、あとで彼女はわがままだったと聞かされた。 

 ここで、冒頭に書いた彼女のことになるが、彼によれば、一度離婚経験があり、年上で孫は期待しないでくれと言われた。 彼女は北海道出身、大学の国文科卒の才媛であり、勤めている会社でも重要な職についている。 趣味はスキューバダイビングで、時間があると沖縄や海外のダイビング・スポットに行って潜ってくるという。 その次は

温泉が好きとのことで、我々に沖縄とか温泉に一緒に行きましょうと、誘ってくれる。

 最近は結婚しないで同棲だけというのが流行っているが、こういう場合でも義理の娘と呼んでいいのか、どう思いますか?