読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五木寛之「青春の門」に思う

 若い時は勉強より文学全集を読み漁る時間のほうが多かった。

 年を取り、身体が老化してきたら、小説への興味が戻って来た。

 

 筆者は一人の作家が気に入ると、その作家の作品ばかり読むという癖

がある。

 近年の傾向は内田康夫の旅と歴史を盛り込んだ推理小説、風景の中に

男女の営みを描いた渡辺淳一の作品、そのあとは各賞に輝く女流作家に

触手を伸ばしていた。

 

 最近、忘れられない作品で、途中までしか読んでいない、五木寛之

青春の門」を最後まで読みたくなり、第一部「筑豊篇」から第七部

「挑戦篇」までの文庫版を一括購入した。 

40数年前から20年にわたり書かれたものを、一挙に読んでしまった。

 

 主人公の伊吹信介は、人生の目的を探して地球上を放浪するらしいが、

男なら誰しも憧れるヒーロー像である。 筆者も仕事ではあったが、

北南米、欧州、アフリカ大陸と距離だけは、伊吹信介を上回る足跡を

地球上に残し、似たような不安な思いを抱き、かつ、異国の風物、

外国人との触れ合いに胸躍らした体験の故か、彼の進む

将来は如何なるものか見届けたい思いが強い。

 

 驚いたことに、第七部で未完かと思っていたら、筆者が読んでいる

最中に、第八部「風雲篇」が20年ぶりに発売されると知り、すぐに

予約したら、正確に予定日の12月15日に到着、こ踊りして即日

読んでしまった。

 

 そして、同時に、来年2017年に続編第九部「続・青春の門」の

連載が始まるというニュースも届いた。 確かに、第八部でも物語は

途中である。

 半世紀をかけても、終わりの見えない物語というのは聞いたことが無い。

 

 もしも、筆者の方が先にこの世を去ることになったら、結末はあの世で

原作者から直接聞かせて頂こう。